ニュース

6月12日に児童労働反対世界デー・イベント「映画上映会&シンポジウム」開催(2010.05.29)

2010年6月12日(土)にILO 駐日事務所、NGO−労働組合国際協働フォーラムおよび児童労働ネットワークの主催で、児童労働反対世界デー・イベント 映画上映会&シンポジウム「児童労働の今、そして未来」が開催されます。以下、案内文より。


 児童労働者として働く子どもたちは、今、どこで何をしているのだろう。彼らの未来は、どこへつながっていくのだろう。
 世界で児童労働者は、2億1500万人。6月12日は、「児童労働反対世界デー」。その当日に、児童労働の今を知り、未来を考えるイベントを開催します。
 児童労働をなくすために、できること。あなたの「アクション」の一つとして、是非ご参加ください。
●上映映画『チョコラ!』
  …ケニアで暮らすストリート・チルドレンをテーマにしたドキュメンタリー映画。上映後は監督の

   小林茂さんをお招きし、様々なエピソードを語っていただきます。
●シンポジウム「児童労働の今、そして未来」
  …世界の児童労働の状況、NGOなどの活動事例を知り、これからを考えていきます。
●NGO活動紹介デスク
  …児童労働に関する活動を行うNGOがデスクを設置しています。

 

日 時:2010年6月12日(土)13:00〜17:45
場 所:文京学院大学 仁愛ホール(東京都文京区)
定 員:700名(500円)
お問合せ:国際協力NGOセンター(JANIC) ngorouso@janic.org  TEL:03-5292-2911

 

プログラム
12:30 開場
   〜NGO活動紹介デスクスタート!お立ち寄りください(18:00まで)〜
13:00 映画『チョコラ!』上映
     スペシャルゲスト・トーク(監督 小林茂氏)
15:20 児童労働の現状報告 長谷川真一(ILO駐日代表)
 「ILO児童労働グローバル・レポート2010」
15:35 シンポジウム  「児童労働の今、そして未来」
 ―児童労働撤廃への取り組みとアドボカシーの力―
 1) 基調講演 長坂寿久(拓殖大学 国際学部 教授)
  「児童労働、CSR、フェアトレード」
  〜児童労働撤廃に向けた企業、労働組合、政府、NGO、
   国連機関、消費者の協働とそれぞれの役割とは?〜
 2)パネルディスカッション
  ○モデレーター 寺中誠
  ○パネリスト  長坂寿久、小川博、白木朋子、堀内光子
17:30 写真撮影
17:45 閉会

 

詳細はこちら→ http://stopchildlabour.jp/2010/mainevent.html


▼戻る