法人検索

公益財団法人お金をまわそう基金

最終更新日:2017/09/05
助成受付1 助成団体募集
助成の目的 日本での寄付の文化をどんどん広めていけたら、どんなに素晴らしいことでしょう。それが、お金をまわそう基金の設立目的と挑戦です。世の中には素晴らしい理念のもと活動に勤しむ団体があります。その行動の先には豊かな世の中がイメージできます。そういった、団体等の活動を広く世に知ってもらい、そして広く個人・法人が支援できる仕組みをつくりたい。そのような想いから、「お金をまわそう基金」が設立されました。
助成の詳細 ・助成プログラムの概要
【寄付金の流れ】
支援者様からの寄付はお金をまわそう基金を通って、そのまま全額支援団体へと届けられます。お預かりする寄付金から手数料や運営費などを差し引くことはありません。
【継続寄付について】
社会貢献事業を安定して継続していただくためにも、寄付金の70%を当該事業年度に助成します。残り30%は翌事業年度以降の助成団体への寄付の財源とします。(以下「特定財産」という)該当事業年度に募集している募集額を上回る寄付があった場合には、超過分も翌事業年度以降の助成団体への寄付の財源とします。
特定財団は運用し、毎年事業年度の開始時点の評価額を求め、その評価額の10%を助成いたします。団体指定寄付の場合運用分については翌事業年度の別の団体等(同じ分野)へ助成が行われる事があります。

【対象となる団体】
任意団体を除く非営利団体が行う非営利活動・公益事業のうち、当財団が対象とする分野で活動している団体です。

【対象となる分野・事業】
・子ども分野
・スポーツ分野
・文化、伝統技術分野
・地域経済、地域社会分野

【審査の視点】
以下の項目につきまして、助成先選考員会で判断します。助成先選考委員会で認められた団体の中から、助成先を決定いたします。
・事業の必要性、公益性
・事業の実現可能性
・費用、予算の妥当性
・事業の波及、発展性
・事業の情報開示
・組織規程
・民主的な意思決定
・事務局

【助成金の上限】
助成事業に対する限度額は、当財団が募集する期間において、助成対象となる事業を行う上で直接必要となる経費を限度とします。
経費については、団体等の運営に恒常的に発生する費用(管理費にあたる一部の人件費など)で当財団の助成対象としておりませんが、収益事業がなく公益目的事業の割合が大きい場合は対象とします。しかし飲食第などの会議費等は対象となりません。
助成受付の期間 2017年9月1日〜2018年4月9日
助成の申請方法 【必要書類】 ・助成申請書(当財団所定の申請書) ・定款 ・寄付に関する規程等 ・履歴事項全部証明書(最新のもの、交付から6ヵ月以内) ・直近の議事録(社員総会/評議員、理事会による民主的な意思決定が証明できる書類) ・申請する事業の経費の見積書 ・パンフレットやチラシ等の活動を紹介する資料 【提出方法】 ・郵送の場合 (送付先) 〒102-0082 東京都千代田区一番町29番地2 公益財団法人お金をまわそう基金 宛 郵便事故を避けるため、送達が確認できる方法(簡易書留等)での送付をお勧めいたします。またメールでの受付を行っておりませんのでご了承ください。
詳細URL https://okane-kikin.org/助成団体申請/助成申請2017/
実績報告
再検索する 絞込み検索する