法人検索

公益財団法人日本自然保護協会

最終更新日:2017/11/08
寄附募集1 日本自然保護協会の活動を支援します
募集の目的 ─ 自然のちからで、明日をひらく ─  日本自然保護協会は、1951年、尾瀬ヶ原に計画された水力発電ダム開発への知識人や登山家たちの保護運動を機に誕生し、以来、生物多様性の保全と自然保護問題の解決に取り組んでいます。世界遺産条約への日本の批准を働きかけ、白神、屋久島、知床、小笠原など国際的な保護地域登録にも貢献してきました。(1)日本の絶滅危惧種を守る、(2)自然で地域を元気にする、(3)自然の守り手を増やすを3大テーマに活動を続けています。毎年5000円寄付の会員も募集し、ご寄付や会費で全国各地で活動を行っていますが、まだまだ資金が不足しております。いただいたご寄付は、80%を現地での活動費、20%を組織の運営費として大切に使わせていただきます。当会は公益財団法人のため、所得税や相続税などに非課税の優遇措置が適用されます。貴重な自然を次の世代に引き継ぐため、ご支援をお願いいたします。
活動地域 全国
寄附の形態 寄付金、物品、ボランティア
募集期間 通年
寄附をする 【郵便振替】
口座番号: 00150−2−51775
加入者名: 公益財団法人 日本自然保護協会
*払込用紙の備考欄に「免」とご記入の上、郵便局窓口でお手続きいただくと、払込手数料がかかりません。
【カード決済、銀行振込】
当会ウェブサイトの下記URLページからお申し込みください。
https://nacsj.secure.force.com/donation
*恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。
募集の詳細 (1)日本の絶滅危惧種を守る
●イヌワシの子育てが続く森づくり
●ウミガメの産卵地保全と砂浜しらべ
●草原性のチョウの生息地保全 など
(2)自然で地域を元気にする
●群馬/赤谷の森林生態系復元プロジェクト
●モニタリングサイト1000里地調査 など
(3)自然の守り手を増やす
●自然観察指導員の養成
●情報誌『自然保護』の発行
●NACS-J市民カレッジの開催 など
詳細URL http://www.nacsj.or.jp/
寄附募集2 未来に残したい大切な自然 〜 遺贈・遺産寄付
寄附募集3 自然の守り手を増やそう!
寄附募集4 イヌワシの舞う森を未来へ!
寄附募集5 SAVE THE ISLAND BEAR 四国のツキノワグマを救え!
寄附募集6 草原を守ってチョウの絶滅を止める!
寄附募集7 サンゴ礁の海を守る!
税額控除の有無 あり  (有効期限:2016年8月29日 〜 2021年8月28日)
実績報告 2016年度、絶滅の危機にあるイヌワシの保護活動には218万円のご寄付をいただき、イヌワシの行動範囲を把握するモニタリング調査や、餌の狩場づくり、活動する若者への研修会などを実施できました。昨年は、群馬県赤谷の森のイヌワシペアが7年ぶりに子育てに成功し、親子で空を舞う姿を見ることができました。また、自然観察を広め、自然の大切さに目を向ける方々を増やす人材育成や、なくなりそうな自然を守る活動、守った自然を活かし地域の宝として引き継ぐ活動も、多数の方々のご支援に支えられ実施できました。ご寄付くださった方のお名前は年間活動報告に掲載させていただいています。ご寄付額によっては、感謝状の贈呈やお名前を冠したプログラムづくりなども行っています。
再検索する 絞込み検索する